FC2ブログ
スタッフの日々の出来事や、取り扱いコンテンツの情報などを紹介します。
2017年09月19日 (火) | Edit |
伯方島での宿は1泊2食付き¥7,000
食事もおいしく、快適な宿でした。
1人旅なので安く上げるつもりのところ、ビール大瓶3本も飲んで
それなりの金額を支払う事になりましたが…。

さて二日目も天候は晴れ。
今日は伯方島1周~大島~今治~東予港まで走ります。
ざっくり計算すると100kmほどになる予定です。

DSC00483.jpg 
宿を出発して近くの開山へ。
標高は149m
宿を出発してすぐにある開山へ。
標高149m
足が温まり切ってないうちにフルパワーで登ったので
足はガクガク。
でも景色は最高です。
多々羅大橋をはじめ瀬戸内海の島々が見渡せました。

瀬戸内海 
瀬戸内海の海は穏やかでエメラルドグリーンでした。

DSC00518.jpg 
瀬戸内海の島々には造船所がたくさんあり大型船が製造されています。
凄い迫力です。

沖浦ビーチ 
伯方島は1周13kmほど。
1時間足らずで回り切ってしまう距離ですが、寄りたいお店があるので時間調整。
沖浦ビーチという広い砂浜です。
シーズンオフで静かな海でした。

DSC00531.jpg 

IMG_1481.jpg 
少し戻ってラーメン屋さんへ。

DSC00544.jpg 
「伯方の塩」の塩ラーメンです。
大変おいしかったです。

DSC00550.jpg 
穏やかな瀬戸内海を眺めながら進みます。

DSC00553.jpg 
島の北側は穏やかな海でしたが、南側は川のような激流です。
この辺りは東西に向かう船の航路になっており、その昔村上水軍が
行きかう船から通行税を徴収した所です。

DSC00587.jpg 
伯方大島大橋を渡り大島に到着。

DSC00606.jpg 
この旅のクライマックス亀老山を目指します。
標高は307m
ここからの眺望は「行って良かった日本の展望スポットの
ランキング」で
第3位という事になっているらしい。
ちなみに1位 清水寺 (京都府京都市)
    2位 東京都庁舎 (東京都新宿区)
「自転車で登る際は相当な覚悟が必要」との事前情報にビビり、かなり迷いましたが、
行かずに後悔するよりも行って後悔しようと敢行。

DSC00618.jpg 
苦しい登りでしたが、行くの価値の充分ある景色が広がっていました。
自分の足で登ったという満足度もあいまって格別です。
眼下にはこれから渡る来島大橋が見えます。

DSC00625.jpg 
大変だった登りも下りは一瞬。
一気に下りきって来島大橋のたもとにある道の駅にて。

DSC00636.jpg 
スロープを上っていよいよ来島大橋です。

FullSizeRender.jpg 
瀬戸内海に沈む夕日
この橋の全長は約4km。
名残惜しくていったん渡り切った後おかわりしてきました。
一旦渡り切った後、もう一度戻ってはじめから走って来ました。

DSC00660.jpg 
終点、今治の造船所です。

DSC00667.jpg 
楽しかったしまなみ海道。
渡り切った来島大橋を眺めながら他のサイクリストさん達としばし談話して
余韻に浸ります。


「しまなみ海道」はここでゴールですが、この後帰る方法は3通りあります。
1、自転車も載せられる尾道行きのバスに乗って尾道まで戻り、新幹線で名古屋へ。
2、JRを乗り継いで瀬戸大橋経由で岡山から新幹線で名古屋へ。
3、東予港から大阪南港までフェリー 船中で1泊して名古屋へ。


この先は「しまなみ海道 番外編」に続きます。